HOME › WHAT´S A TIARA › ベールの付け方

HOW TO ATTACH ATIARA

ベールの付け方

フェイスアップベールとは

フェイスアップベールとは

ベールは、ウェディングドレスに欠かせないアイテムのひとつです。
楕円刑、または長方形のベールを折り返すタイプを
『フェイスアップベール』といいます。
教会式では、花嫁は折り返した部分を顔の前に垂らして入場し、
式の途中で新郎がこのベールを上に上げます。
これを「フェイスアップ」といいます。

ベールを装着する手順

ベールを装着する手順

①髪形をセットしたら、コームの部分を裏返し(コームの真ん中部分が下向き)、 ベールとコームの間の部分を両手で持ちます。

②前向きにしていたコームを表にひっくり返し(コームの真ん中部分が上向き)、
ヘアスタイルとのバランスを見て、ベールの位置を決めます。
コームは差し込むとベールが少し後ろ目になりますので、
着けたい位置の少し手前に差し込みます。

③コームを隠すように髪にしっかりと差し込みましょう。

位置を決めるポイント

コームタイプ

ベールの位置はヘアスタイルに合わせて決めましょう。
まとめた髪のボリュームが、頭のうしろや下目にくるヘアスタイルの場合、
ボリュームに合わせて、根元にコームをセットすると綺麗に付けられます。
この場合にはティアラを前目につけると見栄えが良くなります。

ただし、コームの位置が後ろすぎたり、下に付けすぎたりすると、
ベールのフェイスアップ部分を前に下ろした時にバランスが悪くなります。
バランスを考慮してコームの位置を決めると良いでしょう。

位置別のスタイルの特徴

トップ位置

【トップ位置】

あごから耳の上の延長の位置がトップ位置です。
この位置は正面から見てベールの付けた部分が隠れます。
誰でも似合い、どんなドレスにも合わせることの出来る、
スタンダードな位置です。

フロント位置

【フロント位置】

トップより前の位置に着けると、落ち着いた雰囲気でありながら、
ボリューム感のある華やかなイメージになります。
サイドからはベールで顔の輪郭が隠れ、シックな印象になります。

バック位置

【バック位置】

トップより後ろの襟足との中間くらいの位置です。
正面から見て、ベールが三角形に広がるようにつけるととても綺麗で、
スタイリッシュな印象になります。

ベールの中にも「ショートベール」「ロングベール」「マリアベール」など、
さまざまなタイプがありますので、スタイルに合わせたティアラを選ぶことを
お勧めいたします。
ブライズ・ティアラ銀座では、お客さまの理想・イメージを叶えるブライダルティアラを多数取り揃えております。

Copyright (C) TRECENTI, Inc. All rights reserved.