プロポーズのリアル|プロポーズのことならトレセンテ

これはNG!プロポーズでやってはいけない失敗事例集

これはNG!プロポーズでやってはいけない失敗事例集

男性にとっても女性にとっても、立場こそ違うも非常に重要な愛のイベントであるプロポーズ。

特に男性は、一度で成功させたいと強く思っているでしょう。

また、女性は素敵なプロポーズを待ち望んでいます。

しかし、なかなか思ったように上手くいかず失敗に終わることもあると思います。

本記事では、ネットなどで流れている過去の失敗例を参考に、プロポーズでこれだけはやってはいけないNG事例集をまとめていきます。

失敗例1:中半端な言葉でプロポーズと気づかれない!!

多くの男性たちが一番やりがちな失敗例がこの事例です。

例えば、【君と手料理を食べたい】【残りの君の人生を僕にくれないか】など、プロポーズの言葉として、よく耳にするような定番なフレーズも、実は、周りくどいフレーズであり、勘のいい女性ならすぐにプロポーズと気づいてもらえますが、鈍感な女性なら永遠に気づかれないままの可能性もあります。

せっかくプロポーズしたのに、彼女はいつまでもプロポーズしてもらっていないと不満顔になるケースも多く、最悪、プロポーズの言葉は格好にこだわらずストレートに『結婚して下さい』とか『あなたを一生愛しています』というようなフレーズの方が良いかもしれませんね。

その他、似たようなフレーズとして『死ぬまでずっと隣に居続けて欲しい』・『いつか二人のかわいい子供が欲しい』という言葉も回りくどいと感じ気づかれないフレーズとして捉えられがちなので注意しましょう。

失敗例2:指輪のサイズが違う

これもよくある失敗例の一つです。

どうしてもサプライズで指輪を渡してプロポーズしたいと考える男性が多く、彼女の指のサイズをあらかじめ内密に測って指輪を作ったつもりでも、いざプロポーズしてみるとサイズが合わなかったケースは幾つもあります。

女性としても特に近年はいろんなデザインの結婚指輪が発表されているためか、自分で選びたいと思っている方が多いので、プロポーズする際は、別のネックレスなどを贈り、結婚指輪は彼女とともに作りに行くのが無難です。

失敗例3:予定外のハプニングに襲われるケース

どんなに用意周到に準備していても、予定外のハプニングは起こるもの。

例えば、天気予報も快晴で、天候が崩れる気配がないにも関わらず、いざ夜景をバックにプロポーズしようと高級レストランに行ってみると、急に天候が崩れだし美しい夜景が見られず台無しになったという話もあります。

いくら天気予報をマメにチェックして準備していても、気まぐれのよう天気が変わってしまうことはよく有ります。

どうしても突然やってくる予想外のハプニングは、避けるのも難しいと思いますし、こういう時ほど開き直って臨機応変に対応してあげると、頼りになる人と彼女もあなたのことを、改めて惚れなおしてくれるはずです。

人生長く生きていれば、いろんなハプニングに遭遇します。

そんな時こそ彼女をスマートにエスコートしてあげてくださいね。

失敗例から学ぶプロポーズの理想型とは…

世の中にはサプライズプロポーズや日常の生活での何気ないプロポーズなど、その形式はまさに十人十色です。

しかし、男女ともに共通して理想といえるプロポーズの形は、相手に気持ちをストレートに伝えるプロポーズにあることが、この失敗例を通じてわかったような気がします。

どんなに格好いいスマートなプロポーズでも、結婚への気持ちが伝わらなければ不発で終わるだけですし、プロポーズの贈り物も、サイズやデザインが合わずがっかりさせてしまうことも有ります。

あくまで、気持ちが伝わってこそのプロポーズです。

その事を絶対に忘れないように心がけながら、素敵なプロポーズで愛の告白をしましょうね。

トレセンテ店舗情報/相談・来店予約

世界が認めた優美なデザインと確かなクオリティ
口コミでも評価の高いトレセンテの婚約指輪・結婚指輪で心に残るサプライズなプレゼントを贈りませんか?

プロポーズ診断