プロポーズのリアル|プロポーズのことならトレセンテ

失敗しないプロポーズをするための事前準備

失敗しないプロポーズをするための事前準備

学生時代から交際し、早10年の時が過ぎたというカップルは、近年では決して珍しいケースではなく、特に不景気で結婚どころではないという経済事情にあるカップルではよくある話です。
しかし、結婚適齢期という言葉があるように、何かと歳を取ることで結婚を焦ってしまうのも事実。
だからこそ、失敗しないプロポーズで結婚へスタートラインを一歩踏み出したいところですね。
本記事では、プロポーズで失敗してしまわないように、必要な事前準備をご紹介します。
あなたにとって最高のプロポーズとなるように参考にしてみてくださいね。

プロポーズ前に気をつけるあなたの生活態度

生活態度と言うと少し大げさなのかもしれませんが、彼女にとってあなたと結婚しても安心と言える生活習慣・態度は存在します。
例えば、家事や育児に協力的な姿勢が感じられる事もその大きな生活習慣・態度の一つです。
別に育児が完璧でなくても誇り一つでないほど掃除が出来なくてはいけないとかいう話ではありません。
不器用ながらでもしっかり自分一人の生活で家事・炊事全般を行うことが出来、育児に関しても子供が好きという姿勢が感じられればそれで十分なのです。
要は結婚後も家事や育児を押し付けられる事なく、協力的に2人で生活を営むことが出来ると安心させてあげられるような生活習慣・態度を彼女に感じさせてあげればいいのです。
このような態度を示してあげることでプロポーズを成功させやすくなりますので、ぜひ、事前の準備として心がけておきましょう。

自分なりのプロポーズの言葉を用意しておく

よくプロポーズの成功法などネットや書籍などで、いろいろ情報が流れていますが、たとえどんなに素晴らしい情報がそこに掲載されていたとしても、それを真似するだけでは彼女の心には何一つ響きません。
それはあなたの言葉によるプロポーズではないからです。
一生に一度の重要なイベントであるプロポーズなのに、あなたの言葉や気持ちが入っていなければ、たとえどんなに秀逸なプランでプロポーズしたとしても、『この人、本気でプロポーズしているの?』と疑心暗鬼させてしまうだけで、当然OKしてもらえません。
確かに緊張して頭が真っ白になってしまうこともあると思いますが、一世一代のプロポーズなのですからあなたの気持ちをしっかり示す心のこもった言葉を用意しておきましょう。
単純明快な『結婚して下さい』でも、『一生側にいてください』でも何でも構いませんが、そこにあなたの気持ちが入っていることが重要です。
その事を肝に銘じてプロポーズの言葉を準備しておきましょうね。

交際期間がながければ長いほど、彼女はあなたのプロポーズを心待ちにしているはずです。
いつ結婚を申し込んでくれるのだろうか?このまま結婚できないままでいるのだろうか?と不安も募っていると思いますので、ぜひ、最高のプロポーズで大切な彼女を安心させてあげてくださいね。

トレセンテ店舗情報/相談・来店予約

世界が認めた優美なデザインと確かなクオリティ
口コミでも評価の高いトレセンテの婚約指輪・結婚指輪で心に残るサプライズなプレゼントを贈りませんか?

プロポーズ診断