プロポーズのリアル|プロポーズのことならトレセンテ

女性が結婚相手に期待する年収はどのくらい?

10

「結婚」とは、これから一生一緒に生活していくことです。
付き合っている時とは違い、お互いが収入を出し合って家族を作っていくものですから、生活の基盤である「収入」を気にするという女性も多いのです。
では、女性が考える結婚相手に期待する収入を見ていきましょう。

相手の年収はあまり気にしない

生活するためのお金よりも「愛」を重要視するタイプの女性も結構いるようです。
世間では「綺麗ごと」と言われてしまいそうですが、愛がなかったらいくらお金があってもずっと一緒には暮らせませんよね。

年収よりも「相手に愛情を感じることができるか」「一緒にいて楽しいか」「相手を尊敬できる」というお金よりも気持ちを優先する女性もいます。

女性の収入が高いと男性には高収入を求めない

昔と違って、女性も社会に多く進出している世の中です。
つまり女性自身の収入が高い場合は、自分の稼ぎだけでも生活していくのは可能なので、男性の収入を特に気にしないことも多々あります。

仮に男性が職を失っても「私が大黒柱となる」というくらい、ばりばり働くキャリアウーマンがこのタイプかもしれません。

そうなると相手に求める年収は、100~200万円という低い収入でもなんら問題がないという場合もあります。
ただし、付き合っている時に相手が無職だとあまり好ましくないようです。
最低限、働いている男性が結婚相手の条件となるでしょう。

また、今では「主夫」という言葉も定着していますし、女性によっては「自分が働くから主夫をしてほしい」ということもあります。

結婚後にも働き続けたいという女性

「男性には年収400万円」を望むというタイプ。
この場合は、今後も共働きで仕事を続けたいという女性が多いです。
女性側の収入も飛びぬけて高い訳ではありませんが、二人で仕事をしていて家庭も守りたいという女性のタイプです。

もし女性の年収も400万円くらいの場合には、二人で結構な額となるので安定した暮らしができるでしょう。

また、男性が年収300万円でも女性も年収300万円であれば合わせて600万円。
男性に収入が少なくても二人で働けば何とかなることもあるので、働けるうちに貯蓄に回しておくという手もありそうですね。

専業主婦になりたいという女性も案外多い

昔は「結婚して専業主婦になる」という考えは珍しくありませんでした。
男が仕事をして、女が家庭を守るという時代は古い日本では一般的な考えでした。

しかし、現在では雇用問題も深刻となってきていて、正社員という雇用形態が一般的ではなくなり収入が安定していないケースもあります。
そのため、男性の収入だけでは暮らしていけないことも多く、「共働き」は珍しくありません。

そうはいっても、女性の中には「結婚したら仕事を辞めたい」と考える人も結構多いものです。

ただし、専業主婦として暮らしていきつつ、貯金もしたいという考えから、こういった女性が男性に望む年収は800万円ほど。
しかし、実際にこれだけの年収がある男性の方が少数でしょう。
そう考えると、男性側に年収が600万円以上あればせめて自分が仕事を辞めても大丈夫、安心と思う女性が多いのが頷けますね。

相手の年収を気にするのは女性だけじゃない

年収を気にするのは女性だけと思いきや、実は男性も女性の収入を結構気にしています。
近年、正社員での雇用形態が一般的ではなく、契約社員、パート、アルバイトというような雇用形態も珍しくありません。
そのため、自分の収入に自信のある男性が減ってきているのです。

昔ならば「仕事を辞めて家庭を守って欲しい」という男性が多かったものですが、今ではそう言い切れない男性の方が多くなっているのではないでしょうか。

結婚するということは、二人でこれから生活していくわけです。
経済的に余裕のある時も、厳しくなる時もあるでしょう。
そんな時に支え合うのが夫婦の本来の形です。

どちらか一方が大変な思いをするのではなく、お互いに助け合っていくことが大切です。

そのためには、結婚前にお互いの年収や仕事の話を具体的にすることで納得のいく結婚をするのが理想ではないでしょうか。

トレセンテ店舗情報/相談・来店予約

世界が認めた優美なデザインと確かなクオリティ
口コミでも評価の高いトレセンテの婚約指輪・結婚指輪で心に残るサプライズなプレゼントを贈りませんか?

プロポーズ診断