プロポーズから挙式まで プロポーズから入籍/挙式まで
プロポーズの2~3ヶ月前 サプライズで婚約指輪を購入

トレセンテの専門スタッフがサプライズリングご購入の
アドバイスをさせていただきます。

ご来店予約はこちらから
トレセンテがおすすめするプロポーズプラン

プロポーズ!成功! プロポーズ!成功!

入籍/挙式12~10ヶ月前
お互いの両親に挨拶・結婚の報告

結婚の意志が固まったら、まずは
それぞれの両親にきちんと報告を。

その後ふたりで、互いの両親に
挨拶に伺います。
この時期に、両親と結納の方法や
時期の相談もしておくとよいで
しょう。

・一般的には、女性の家を先に訪れます。
(婿養子の場合は逆。)

・服装は、清潔感を重視したフォーマルな装いが良い
でしょう。 
例)女性はワンピースかスーツ / 男性はスーツ

・事前に、ご両親の趣味や食べ物の好みを聞いてお
くと、当日の話題やお土産選びに困らないでしょう。

入籍/挙式12~10ヶ月前 もしサプライズができなかったら...!
婚約指輪の購入

婚約指輪は一生の記念になるもの。
プロポーズの後に購入するなら両家の顔合わせにお披露
目できるようこの時期に!

エンゲージリングをさがす

入籍/挙式12~10ヶ月前
結婚式の会場探し

結婚式にも様々なスタイルが
あり、キリスト教式、神前式、
仏前式などに分かれたり、披
露宴を行なう場所も、ホテル、
式場、レストランなどから選ぶ
ことができます。
お二人やご家族のお好みで選
ぶことも重要ですし、予算によって
決まってくることもあり
ます。ブライダルフェアや相談会、
下見会などへの参加もおすすめ。

入籍/挙式10~8ヶ月前
両家の顔合わせ・結納

媒酌人を立てるか、どのような結婚式にするかなど、両家
の結婚式のイメージを確認します。 幸せな結婚と両家の円
滑なお付き合いのための大切な第一歩。

結納はもともと、男性側から
「結(むすぶ)」すなわち契約
(婚約)を申し込み、女性側が
その契約を「納(おさめる)」=
お受けするという意味を持ち、
男性側から女性側に結納品や
結納金を贈る儀式です。

これは新生活のための支度金
というだけでなく、娘さんを幸せ
にしますよという決意表明の
意味合いも持っています。
近年では略式でよいという方も増えていますが、花嫁のご
家族のご意向を汲み取ったうえで、男性側はご準備される
とよいでしょう。

会場の決定(8~6ヶ月前)

ご家族などに相談して、正式に予約
を入れることが決定したら、
予約金を支払い申し込みをします。

入籍/挙式8~5ヶ月前
ドレス・衣装試着/決定

会場が決まったらいよいよドレスを探し始めます。
この時、お色直しのことも
考え、ウエディングドレス・和
装など何が何着いるのかを
決めておきます。

その後、ドレスショップに事前
予約をし実際に試着をして衣
裳を決めていきます。
ドレスショップでは後ろ姿の
チェックなども大切ですので、
なるべくたくさん写真を撮って
おきましょう。

入籍/挙式8~5ヶ月前
結婚指輪の購入

結婚指輪は、遅くても挙式までに…ということで、8~5カ月
前から探すカップルが多いようです。結婚指輪には二人の
名前や記念日などの刻印をしたいというカップルが多いの
で、それを考えると、最低でも挙式の1カ月前にはオーダー
しないと間に合わない状況です。







店によっては手彫りの場合もっと時間がかかることもあるよ
うですので、余裕を持って購入することをお勧めします。

マリッジリングをさがす

入籍/挙式6~4ヶ月前
結婚式のアイテム探し

引出物や演出は、挙式3~1カ月前くらいが決定時期めや
すです。この時期は装花や会場コーディネイトなど細か
い準備もいっぱい。
ちゃんとこだわりたい人は早めにアイデアのヒントにな
る情報収集を。







結婚に関するギフトにはそれぞれふさわしいとされる相
場があります。
また、引出物などは一度にたくさん必要ですので準備に
も時間がかかるもの。直前になって慌てることがないよ
うに注意しましょう。

招待客のリストアップ

式場のスペースにあわせて新郎新婦
お互いの招待客の
バランスを取っていきましょう。

入籍/挙式3~1ヶ月前
料理・装花・演出の決定

打ち合わせも本格的に忙しくなってくるころ。考えてい
たプランの決定の時期になります。
ふたりの結婚式に参列してくれるゲストへの感謝とおも
てなしの気持ちを込めて、みんなの心に残る演出をつく
りましょう。










【2次会の決定】
できれば、2次会の会場もこの時点で決定しておきたい
ところです。
2次会会場もすでに予約でいっぱいという場合も多いの
で、2次会をお願いするお友達には早めに声をかけてお
きましょう。

招待状の発送は2ヶ月前までに!

結婚式会場との打ち合わせが始まる
のがだいたい挙式3カ月前。
ゲストへの正式なご案内となる招待状
を制作したら、2カ月前までにはポスト
投函を。

入籍/挙式2~1ヶ月前
席次表の作成

出欠の返事がすべて戻ってき
て結婚式へ参加してくれる人
たちが決定したら、次は席次
を決める必要があります。

席次の決定には十分な配慮
が必要となりますので、時間
をかけて決定するようにしま
しょう。

招待客の人数決定

招待状の返信が揃い、
招待客の人数がほぼ決定します。
席次表の準備をしましょう。

ブライダルエステで当日は最高の花嫁に

最高キレイな花嫁を目指すなら、早めから計画的にスケ
ジュールするのがベスト。花嫁向けのブライダルのエス
テは期間もいろいろで、半年じっくり時間をかける方や、
前日に集中してされる方も。
一生に一度の結婚式なので、ちょっと贅沢してみても。

また、ブーケとヘアメイクは打ち合わせリハーサルを入
念に行うのがおすすめです。

入籍/挙式1ヶ月~前日
最終決定と見積もりの確認

ヘアメイクのリハーサル、ドレ
スの最終フィッティング、司会
者との打ち合わせなど、当日
に向けての最終準備です。

キャンセル料も発生してくる時
期なので、決定には十分に確
認を行いましょう。

また、最終見積りを出してもら
うことも重要です。これが本当
の最後の見積もりになります
ので、もう一度自分の目でよく
確かめて、穴が無いかのチェ
ックをしましょう。

入籍日・結婚式当日