TRECENTIがお送りする結婚指輪や婚約指輪など結婚にまつわる情報サイト
REAL TRECENTI

2021年02月19日

フォトウェディングとは?魅力や相場について徹底解説

婚約指輪ご結婚前の男性ご結婚前の女性ご婚約後の方

image1

ー 目次 ー

近年、新しい結婚式のスタイルとして、フォトウェディングの人気が高まっています。
2020年に20~30代の男女を対象に実施された「フォトウェディングに関するアンケート調査」によると、フォトウェディングをしたい、あるいはした方の割合は全体の約8割にも上っています。[注1]

フォトウェディングを希望する(した)理由は人それぞれですが、「記念に残したい(約50%)」「親(親族)を喜ばせたい(約32%)」などの理由で実施する方が多いようです。
実際、フォトウェディングにさまざまな魅力がありますが、費用はどれくらいかかるのか、どんな流れで撮影するのか、気になるところはたくさんあります。
そこで今回は、フォトウェディングの基礎知識や魅力、おおよその相場について、わかりやすくまとめました。

[注1]ワタベウェディング株式会社:フォトウェディングに関するアンケート調査

フォトウェディングとは、結婚の思い出作りのために写真撮影を行うこと

photo-wedding

フォトウェディングとは、結婚式を行わない、あるいはシンプルな挙式をする代わりに、好みのロケーションで写真撮影を行う新たな結婚スタイルの一種です。
挙式を行わないケースは「フォト婚」とも呼ばれており、最近ではフォト婚専用のプランを設けている結婚式場やフォトスタジオも増えてきています。

前撮り・後撮りとの違い

フォトウェディングはしばしば、結婚式の前あるいは後に写真撮影を行う「前撮り」や「後撮り」と混同されがちです。
結婚をモチーフにした写真を撮影するという点では共通していますが、前撮りや後撮りはあくまで挙式することを前提に行うものです。
フォトウェディングは挙式を行わない、あるいは挙式をシンプルにする代わりに行うものですので、目的や異議が大きく異なります。

フォトウェディング 7つの魅力

photo-wedding-charm

フォトウェディングを行う魅力やメリットを7つのポイントに分けてご紹介します。

1. いろいろなドレス・衣装を着て撮影できる

結婚式で着用できる衣装は新郎新婦ともに1着のみで、披露宴のお色直しを含めても、2着程度までしか着用はできません。フォトウェディングなら、プランによっては複数の衣装を着用して写真撮影できるので、さまざまな衣装の写真を記念に残せます。
衣装の選択肢も幅広く、ウエディングドレスや和装、カラードレスはもちろん、スタジオによっては私服での撮影に対応しているところもあります。

2. 好みの場所で撮影できる

photo-wedding-sea

結婚式での写真撮影は式場の敷地内に限定されますが、フォトウェディングならお気に入りの場所を選んで撮影することが可能です。
庭園や海、神社、美術館など、背景の美しい場所で撮影すれば、アートのような趣きのある写真を残せます。

3. こだわりの演出で撮影できる

結婚披露宴の集合写真は、あらかじめ決められた場所に並んで立って撮影するだけなので、なかなか個性を出すことはできません。
フォトウェディングでは、メッセージボードや風船などの小物を使ったり、好みのポージングを取ったりできるので、個性豊かな写真に仕上がります。
スタジオによっては、ほかの親族やペットと一緒に撮影できるところもありますので、「大切な家族との1枚を残しておきたい」という方にもぴったりです。

4. スケジュールの都合をつけやすい

photo-wedding-schedule

一般的な結婚式の場合、夫婦2人の都合だけでなく、ゲストのスケジュールにも配慮しなければなりません。フォトウェディングなら、新郎新婦の都合のみで日取りを決められるので、好きなタイミングで撮影できます。
スタジオによっては、日中だけでなく、夕方や夜間の撮影にも対応しているので、夕日や夜景をバックにした写真を撮りたいという方にもおすすめです。

5. 好きな写真を選べる

結婚式場によっては、式の様子を撮影した写真をアルバムやフォトブックにまとめるサービスを提供しているところもあります。
ただ、写真選びは業者にお任せというパターンが多く、物足りなさを感じることも少なくありません。
フォトウェディングなら、撮影した写真の中から好きなカットを自由に選択できるので、お気に入りの写真のみを手元に残せます。
選んだ写真のデータを購入し、後日アルバムやフォトブックの作成に活用することも可能です。

6. 準備に手間や時間がかからない

結婚式を挙げる場合、式場選びから始まり、ゲストの選択や招待状の送付、料理や飲み物の打ち合わせ、引き出物選びなど、さまざまな準備を行う必要があります。 結婚式や披露宴を実施すると決定してから、挙式までにかかる平均期間は約8ヵ月間と長く、準備に相当な手間と時間がかかることがわかります。[注2] とくに働いている方は仕事の合間を縫って式の準備を進めなければならないので、多忙を極めます。 フォトウェディングでも打ち合わせは必要ですが、ゲスト関連の準備は丸々カットできますので、挙式に比べて手間や時間がかかりません。 場合によっては打ち合わせ1回のみで撮影当日を迎えるケースもあり、気軽に結婚の記念を残せるところが魅力です。

[注2]ブライダル総研「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」[pdf]

7. 費用を節約できる

挙式や披露宴にかかる費用は人によって異なりますが、結婚情報誌でおなじみのゼクシィが実施した結婚トレンド調査2020によると、挙式・披露宴の平均相場はおよそ382万円に上っています。[注2]
フォトウェディングのくわしい費用については後述しますが、会場や料理、引き出物などにかかるお金を節約できるぶん、一般的な挙式・披露宴よりも出費を抑えることができます。

フォトウェディングの相場

photo-wedding-marketprice

フォトウェディングにかかる費用の相場は、撮影場所やプラン、カットの購入枚数などによって異なります。
ゼクシィの結婚トレンド調査2020によると、スタジオ撮影を行った方が業者に支払った金額は、「5~10万円未満」が最多で約31%、次いで「10~15万円未満」が18.3%で、全国平均は14.0万円です。[注2]
10カット未満の場合は平均7.2万円ですが、スタジオ撮影で購入したカット数の平均は139.2枚[注2]ですので、平均相場は15万円前後と考えておいたほうがよさそうです。
一方、ロケーション撮影を行った場合の相場は、「10~15万円未満」が最多で28.5%、次いで「5~10万円未満」が16.6%、「15~20万円未満」が13.4%で、全国平均は16.8万円です。[注2]
屋外で撮影するぶん、スタジオ撮影よりやや平均相場が高めになっていますが、一般的な挙式・披露宴の相場(382万円)に対し、4割ほどの費用で撮影することが可能です。
スタジオが独自の行っているキャンペーンなどを活用すれば、さらにお得な価格で撮影できる場合もあり、予算を大幅に節約できます。

フォトウェディングに関連する5つのQ&A

フォトウェディングを検討している方向けに、よくある疑問・質問をQ&A方式でまとめました。

Q1.フォトウェディングはどこに依頼すればよい?

A1.フォトウェディングの撮影を請け負っている業者は複数ありますが、経験者の統計を見ると、外部の写真屋やカメラマンに依頼するケースが約35%で最多に上っています。[注2]
結婚式場の専属または提携事業者や、衣装店の紹介・提携先などに依頼する方も多いようです。

Q2.撮影時には何を持っていけばよい?

A2.撮影時の持ち物はスタジオによって異なりますが、ドレスやタキシードの場合、女性はビスチェや肌色のストッキング、男性は白色のTシャツや白または黒の靴下などを準備するのが一般的です。
和装の場合、女性は足袋や肌襦袢、裾よけを。男性は足袋や首元が広く開いたシャツ、短パンなどをそれぞれ用意します。
なかにはスタジオでレンタルできるものもありますので、前もってフォトウェディングの依頼先に問い合わせておきましょう。

Q3.ロケーション撮影はどこで撮影するの?

A3.ロケーション撮影はプラン内のロケ地から選択するのが一般的ですが、スタジオによっては新郎新婦の希望に柔軟に対応してくれるところもあります。
最も人気の撮影場所は「庭園」で、次いで「海」「観光名所」「公園」「チャペル」「神社」と続きます。[注2]
基本的にロケ地は1ヶ所のみですが、洋装と和装の両方で撮影するプランの場合は2ヶ所で撮影することもあります。

Q4.自分で小物を持ち込むことは可能?

A4.スタジオによりますが、法に触れないものや、衣装を傷付けない・汚さないものであれば、フォトアイテムの持ち込みを許可しているところが多いようです。
フォトアイテムを持ち込むと、別途持ち込み料金が発生しますので、事前に確認しておきましょう。

Q5.ロケーション撮影で雨が降った場合は?

A5.前日・当日の天気予報を確認し、雨予報が出ている場合は基本的に延期です。
延期日は業者と話し合ったうえで、都合のよい日を設定します。

フォトウェディングの基礎知識

photo-wedding-knowledge

フォトウェディングを検討するにあたり、知っておきたい基礎知識を3つご紹介します。

1.スタジオはニーズに合わせて選ぶ

写真スタジオといっても、業者によってプラン内容や費用、得意分野などに違いがあります。
フォトウェディングで何を重視するかは人それぞれですので、まずは自分たちのニーズをよく確認し、希望に合ったスタジオを選びましょう。
候補を絞ったら、スタジオ見学に行き、実際の雰囲気やスタッフの対応をチェックするのもおすすめです。

2.撮影日は丸1日スケジュールが空いている日を選ぶフォトウェディングの撮影は、スタジオ撮影(衣装1着)で平均3~4時間、ロケーション撮影は移動時間も含めて5~6時間ほどかかるのが一般的です。


当日中に写真を選ぶ場合は、さらに30分~2時間程度の時間がかかりますので、撮影日を決めるときは、丸1日スケジュールが空いている日を選びましょう。

3.写真の印刷・データ受け取りは余裕をもって

選んだ写真の印刷やデータの送付には、およそ2週間~1ヶ月が一般的のようです。
「撮影した写真を挙式でお披露目したい」など、特定の期限までに写真やデータを手に入れたい場合は、時間に余裕を持って撮影しましょう。

フォトウェディングは一生に一度の思い出を形に残せる魅力的なサービス

photo-wedding-memories

フォトウェディングの最大のメリットは、お気に入りのロケーションで、好きな衣装を着て写真撮影できるところです。 オリジナリティのある写真を記念として残せるうえ、費用も挙式・披露宴より安く済ませられるので、「一生に一度の思い出を形に残したい!」という方におすすめです。

DSC06472

婚約指輪と結婚指輪の専門店「TRECENTI(トレセンテ)」では、事前に来店予約を申し込みのお客様に、期間限定で「Photobackでフォトブックを無料制作できるチケットをプレゼントしております。
※フォトウェディングの撮影データがあれば、お好みの写真を選択・配置するだけで、おしゃれで見応えのあるフォトブックをお作りいただけます。

ご自身用にも、ご両親へのプレゼント用にも最適なフォトブックをお得に作成できるチャンスです!
※特典について、詳細はTRECENTI(トレセンテ)公式HPをご確認ください。

IMG_7292_199

IMG_5260_1

ご自身用にも、ご両親へのプレゼント用にも最適なフォトブックをお得に作成できるチャンスです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

注目記事

  • 2

    2015年4月3日

    ご婚約後の方ご結婚後の方結婚指輪

    結婚指輪をつけ始めるのはいつ?!

    2人でこだわって選んだ結婚指輪。購入して手元に届いたらすぐ身に着ける? 結婚されている方はどんなタイミングで結婚指輪を付け始めたのでしょうか? そこで今回は気になる結婚指輪をつけるタイミングについて、調査をしてみました。 結婚式できれいな状態の結婚指輪を身に着けるには? アンケートの結果、結婚式を控えているカップルの約7割程度が結婚式を迎えてから結婚指輪を身に着けるという結果に。 ・結婚式の指輪交換のときに、真新しい指輪を付けたいから。結婚式前につけていると、汚れたり傷が付いたりしそうだから。(40代/女性/専業主婦主夫) ・写真撮りますし、当日までに汚れたら切ないので、大事にしまっておきます。(30代/女性/自営業(個人事業主)) ・キズをつけてしまったり、万が一無くすことがあってもいけないし、気持ち的にも挙式の時に初めてちゃんとつけたいと思うので。(30代/女性/専業主婦主夫) ・結婚式で指輪の交換の儀式があるし、それまで身につけずにとっておく方が特別感が増すので。(30代/女性/専業主婦主夫) 「結婚式当日に新品でキレイなままの指輪を交換したい」と考える女性が多い結果となりました。結婚指輪は毎日の生活の中でつけるものですから、式の前からつけていると、それまでに汚れや傷がついてしまう可能性はありますよね。 それ以外では「気持ちの面でも結婚指輪は結婚式で初めてつけたい」という意見もありました。 ただ、ブランドによっては指輪の磨き上げのサービスを行っているところもあります。トレセンテでも、全国のいずれかの店舗に指輪をお持込いただくか、郵送していただくことで無料にて指輪の磨き上げのサービスをご提供しております。(※購入店舗への持ち込みでなければばらないというルールもございません。)こうしたサービスをご利用いただければ、結婚式のことを気にせずに毎日身に着けることもできるのではないでしょうか。 手元に届いてからすぐに結婚指輪をつけると答えた人の意見 ・結婚式より入籍が先なので、入籍と同時に付けてます。式を挙げなくても入籍が結婚の意味だと思います。(30代/女性/パートアルバイト) ・入籍日が結婚式よりも前なら、入籍日からつけるので結婚式までの間もつける。(30代/女性/専業主婦主夫) ・結婚指輪をもらって嬉しいので、肌身離さずつけます。つけることで結婚の実感がわきます。(20代/女性/専業主婦主夫) ・購入したショップで、結婚式の前にクリーニングができると聞いたので迷わずつけている。(30代/女性/自営業(個人事業主)) 購入してすぐと答えた方々は、結婚の喜びや証としてすぐに身に着けると答えた方が多くいらっしゃいました。 結婚指輪をつける始めるベストのタイミングは? 最近では結婚式を挙げないというカップルもいらっしゃいますので、そういった方にとってはお互いが結婚することに合意したタイミングや、入籍の日から、その証となる結婚指輪を身に着けることが多いようです。 結婚式を控えている方も、結婚指輪の購入時検討期は、結婚式の半年以上前が平均的という調査結果もありますから、磨き上げのサービスを利用するなどして、結婚式の前であっても、結婚の証として身に着けていただくのもいいかもしれませんね。   調査地域:全国 調査対象:女性 調査期間:2015年03月20日~2015年04月15日 有効回答数:100サンプル   { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "mainEntity": [{ "@type": "Question", "name": "結婚式できれいな状態の結婚指輪を身に着けるには?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "結婚式当日に新品でキレイなままの指輪を交換したい」と考える女性が多い結果となりました。結婚指輪は毎日の生活の中でつけるものですから、式の前からつけていると、それまでに汚れや傷がついてしまう可能性はありますよね。 それ以外では「気持ちの面でも結婚指輪は結婚式で初めてつけたい」という意見もありました。" } },{ "@type": "Question", "name": "結婚指輪をつける始めるベストのタイミングは?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "最近では結婚式を挙げないというカップルもいらっしゃいますので、そういった方にとってはお互いが結婚することに合意したタイミングや、入籍の日から、その証となる結婚指輪を身に着けることが多いようです。" } }] }

  • A

    2014年11月6日

    ご婚約後の方結婚指輪

    結婚指輪は分割で購入した?それとも一括で購入した?

    結婚の時期には、結婚式や新婚旅行、新居の手配など、何かとお金がかかるものです。 そうした結婚資金は、2人の貯金を使う他に、両親からの援助を受けるカップルも多いというデータもありますが、結婚の中でも象徴ともいえる結婚指輪の購入について、みなさんどのように工面しているのでしょうか。 そこで今回は、何かと物入りの時期に一括払いなのか分割払いなのかなど調査をしてみました。 一括購入派が過半数 今回のアンケート結果では、一括購入派が半数以上という結果となりました。 ・指輪の価格が、二人分合わせても20万円ちょっとくらいで、それほど高価なものではなかったから。 ・どうせいつかは支払うものだし、特段分割にする理由がなかったので、一括支払いにしました。 ・結婚指輪は買うぞといきこんで買いに行ったのでお金を用意していったから 「それほど高いものではなかった」「手持ちで十分に買える金額だった」と回答した方が多かったです。 回答者の声では20万円ちょっとという予算感でしたが、結婚指輪は比較的シンプルなデザインが主流であるため、一括で支払える範囲内の価格帯でも、選択肢が豊富であることも要因となっています。 「購入するためにお金を貯めていたので」という声もあり、大切なイベントのために貯金して気合いを入れて購入したカップルや、他には「人生のスタートでいきなりローンを組みたくない」など、分割支払い自体に抵抗のある方も中にはいらっしゃいました。縁起を担ぐという意味でも、「買える範囲内で無理せず一括の支払で」と考えていらしゃるようです。 ただ、一括購入派でもボーナスなどの臨時収入を利用したという方や、貯金をしていたという方もいて、指輪を購入するためには計画的な資金調達が必要であることが分かりました。 納得のいくものを選びたいから分割やボーナス払いでの支払いを選択 一方で、少数派の分割支払いでは、それぞれのカップルの理由や想いが見える回答理由がありました。 ・すごく気に入った結婚指輪を見つけたけど、予算オーバーだったので分割での支払いにしました。 ・結婚式の費用などもあったので分割払いにしました。 元々想定していたご予算やその後に控えるイベントを考慮してお財布事情を考え、分割支払いを組むというケースが声がありました。 また、他には分割支払いというだけでなくローンやボーナス払いを利用したという声もあります。 ・ボーナス払いを利用しました。安いものではないですし、納得いくものを購入したいから。 ・主人がローンを組んだようでした。低所得なのに、それでも結婚指輪にこだわってくれたみたい。 一括支払いではない背景には、納得のいく結婚指輪のために利用したという意見が目立ち、こだわりが感じられる調査結果となりました。 結婚指輪の購入。ローンで購入も問題なし! 今回のアンケート結果では、結婚指輪は一括購入したカップルが多いことが分かりました。2人の新しい生活のスタートを切るにあたって、分割の支払は心理的に抵抗があるという方も確かにいらっしゃるようですが、今後のお二人の日々の生活やその後控えているであろう新婚旅行や結婚式のことを踏まえて、無理なく支払ができるようにと考えてみてもいいかもしれません。 また支払方法はクレジットカードを利用するという方が9割を超えており、クレジットカードについている特典を利用して新生活に役立てる方もいらっしゃるようです。 それぞれのお金の事情や状況を踏まえて、思いやりをもって購入を進めれば、結婚指輪の購入も夫婦生活の始まりとして素敵な思い出になるかもしれませんね。 調査地域:全国 調査対象:年齢不問・男女 調査期間:2014年5月26日~6月30日 有効回答数:100サンプル   { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "description": "人にはなかなか聞けないエンゲージリングやマリッジリングなどの結婚に関する本当のところ!「結婚指輪は分割で購入した?それとも一括で購入した?」プロポーズについてのコンテンツ等も盛りだくさん!時に予期しない結果もあり、結婚やプロポーズを控える皆様に非常に興味深い情報を発信中!", "mainEntity": [ { "@type": "Question", "name": "結婚指輪は分割で購入した?それとも一括で購入した?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "結婚指輪は一括購入したカップルが多いことが分かりました。2人の新しい生活のスタートを切るにあたって、分割の支払は心理的に抵抗があるという方も確かにいらっしゃるようですが、今後のお二人の日々の生活やその後控えているであろう新婚旅行や結婚式のことを踏まえて、無理なく支払ができるようにと考えてみてもいいかもしれません。", "url": "https://www.trecenti.com/enquete/466/" } } ] }

  • 結婚指輪をつけている男性を見て、あなたはどんな印象を受けますか?

    2015年4月13日

    ご婚約後の方ご結婚後の方結婚指輪

    正直どう思う?既婚男性の結婚指輪

    結婚して晴れて夫婦となると、お互い結婚指輪をつけることが一般的と広く考えられるようになってから、ほとんどの既婚女性は日常的に指輪をしていますよね。では、男性が結婚指輪をしているのを見てみなさんはどう思うでしょうか? 普段、男性の結婚指輪について注目することは少ないですが、今回は「結婚指輪をしている男性のイメージ」についてアンケートをとってみました。 【質問】 結婚指輪をつけている男性を見て、あなたはどんな印象を受けますか? 【回答数】 家庭を大事にしている印象:69 奥さんに強要されている印象:1 マメな印象:5 既婚者であることをアピールしている印象:10 その他:15 結婚指輪は「家族を大切にする夫・パパ」の象徴! 結婚指輪をしている男性について、女性100人を対象にアンケートを実施したところ、なんと実に70%近くの人が「結婚指輪をしている男性は家庭を大切にしているイメージ」と回答しました。 ・家庭をたいせつにしているんだなぁと思います。特に事情が無い限りは外さないと思うからです。(40代/女性/パートアルバイト) ・指輪をしていることにより結婚していることがわかるし浮気とかもしなさそうなので家庭を大事にしそう。(30代/女性/パートアルバイト) ・やはり結婚指輪は奥さんとの大切な物なので、ずっとつけているのは奥さんや家庭を大事にしてるイメージがあります。(30代/女性/パートアルバイト) 「結婚指輪」というもの自体が、ただのアクセサリーではなく奥さんと愛を誓い合った証拠となりますので、常に身につけている男性は、男としての覚悟と「奥さんのことを大切に思っているのだろう」という印象を与えているようです。 また、結婚指輪をしていれば「既婚」であることが明白ですので、やましいことをしていないという自信ともとれるのではないでしょうか。 結婚指輪をしている男性から発せられる「私には愛する家族がいます」という信号を好意的に受け止めている女性は多いようです。 一番わかりやすい「既婚」であるというアピール 結婚指輪をしている男性に好意的な印象を持つ女性が多い中、次に多かった答えは「既婚者であることをアピールしている印象」というものでした。 ・ルックスに関わらず、結婚している表示のわかりやすい目安としては、誰でも指輪が簡単な手段だと思うので、当然かもしれない。(40代/女性/会社員) ・アピールとまでは言わないけど、結婚していることの証明だな、と思う。(40代/女性/専業主婦主夫) ・一目で結婚しているとわかりやすいです。ただそれだけしか思わないです。(20代/女性/専業主婦主夫) ・俺は結婚しているんだぞということをアピールしていると思います。女をよせつけない印象です(40代/女性/無職) 結婚指輪をしていることで、男性が既婚であるか未婚であるかを判断しやすくなるのは当然であり、特に結婚指輪を着用していることでイメージが変わったりすることは無いというものでしょう。 一目見て気になる男性がいても結婚指輪をしていれば、女性から深い関係を迫ることはほとんどありませんよね。そういった点でも男性は結婚していることをアピールする目的で指輪をつけている人もいるのではないでしょうか。 本当に大切なのは結婚指輪の有無ではない! 今回のアンケート結果から、結婚指輪をしていることで、男性に家庭的なイメージを持つ女性も多いようですが、「特に良い印象も悪い印象もない」という意見も意外と多いのが事実です。実際に、仕事上指輪をつけることが出来ない人もいれば、結婚後に体型が変わって指輪のサイズが合わなくなったという男性もたくさんいます。また、男性の場合は元々アクセサリーが苦手な人もいますよね。 「指輪をしているから家庭的」と決め付けてしまうのは良くないもので、指輪をしていなくても「既婚」であること「家庭があること」を隠さずに家庭を守ってくれる男性が良い夫・良いパパなのではないでしょうか。 調査地域:全国 調査対象:女性 調査期間:2015年04月07日~2015年04月21日 有効回答数:100サンプル  

  • 結婚指輪をネックレスとして首からさげたいですか?それとも指にはめていたいですか?

    2015年4月6日

    ご婚約後の方ご結婚後の方結婚指輪

    結婚指輪の扱い!ネックレスとして首から下げるか、指につける?

    結婚指輪は基本的に指につけるものですが、ネックレスとして首から下げる扱い方もあります。ネックレスであればおしゃれにもなりますし、仕事などでいちいち取り外す必要もなくなります。しかし、指につけていた方が指輪としての機能を果たしているともいえます。そこで結婚指輪の扱い方は首から下げるか指につけるか、どちらが良いのかアンケートを取ってみました。 【質問】 結婚指輪をネックレスとして首からさげたいですか?それとも指にはめていたいですか? 【回答数】 ネックレス:21 指輪:79 首に下げるイメージがない!着脱しやすいのは失くす原因になる! アンケートの結果によると、約8割と大半の人が指につけていたいと回答していました。 ・指輪としてつけていたほうが安心感がある。首だと知らぬ間になくなりそうだから。(20代/男性/会社員) ・指にずっとはめてたいですね。首からぶら下げてるとなくしそうなんで。(20代/男性/会社員) ・結婚と言えば指輪を想像するし、指はずっと着けていられるから。(20代/男性/学生) ・ネックレスのように着脱しやすいものはなくしやすいので怖いので。(30代/男性/パートアルバイト) ネックレスとして首から下げていると、指と違って着脱がしやすいのが難点になるという声が多く目立っています。何かの作業に夢中になっている時などネックレスをどこかに置き忘れてしまう場合もありますし、指につけている時よりも失くしてしまいやすいと感じられます。そもそも結婚指輪と言えば指につけるイメージがありますし、安心してつけていたいなら指の方が良さそうです。 仕事柄指から外している場合はネックレスとして下げる方が良い? しかし、反対にネックレスとして首から下げている方が良いという人は約2割でした。 ・仕事をする上で手を洗うことが多いので、ネックレスの方が良いと思います。(20代/男性/会社員) ・何十年も経てば、指が大きくなったり、小さくなったりと、大きさが合わなくなると思うから。(20代/男性/学生) ・金属アレルギーなので指はダメなのです。ネックレスなら直接、肌に触れないので。(50代/男性/無職) ・今の仕事も今までの仕事も技術職の指先を使う仕事なので、怪我防止と紛失防止のため(30代/男性/公務員) 結婚指輪は指につけるものですが、仕事柄指につけていると傷ついてしまったり汚れてしまう可能性があります。特に指先が重要な職場では指輪が邪魔になることも多くあるでしょう。また、金属アレルギーの人は指につけられないので、首から下げた方が合理的かもしれません。将来的に指が太くなって指輪がつけられなくなる恐れもある為、もしそうなってしまったらネックレスとして大事に扱うのが良いということがうかがえます。 仕事なら首から下げるのもアリだが基本的に指につけるのが普通? 今回のアンケート結果では大半の人が結婚指輪は指につけたいと考えているようですが、様々な理由でネックレスとして首から下げていたい人も少なからずいることがうかがえました。 どんな結婚指輪でも職業柄邪魔になってしまう可能性があります。金属アレルギーの人や将来的に指が太くなる可能性を考えると首から下げていた方が利便性が高いのかもしれません。しかし、結婚指輪こそ指につけていた方が結婚しているという安心感にも繋がるので、どちらが良いかは仕事や自分自身の状況によって変わるのでしょう。 調査地域:全国 調査対象:男性 調査期間:2015年03月20日~2015年04月15日 有効回答数:100サンプル