COLUMN お役たちコラム

結納前に身に着けて良い? 婚約指輪を着けるタイミング

結納前に身に着けて良い? 婚約指輪を着けるタイミング

婚約の記念として贈られる婚約指輪。
男性から女性に贈られることがほとんどで、そのタイミングはプロポーズの時に渡したり、プロポーズの後に一緒に選びに行くということが多いです。
その一方で、日本には「結納」というしきたりがあります。結納をする場合は、婚約指輪はいつ身に着けるべきなのでしょうか。
今回はそんな疑問にお答えします!

結納ってどんな儀式?

日本には古くから結納という儀式があります。
結納とは男女が結婚を決めたことを公の場で表し、正式に婚約をしたことを認める儀式です。
正式な結納は結納金や記念品などを準備しますが、最近は結納をせずに簡単な食事会やお披露目会、両家顔合わせなどとして行われることが多いです。

本来は結納で婚約指輪がお披露目される

本来は、婚約指輪は結納の時に初めてお披露目されることが原則でした。
正式に婚約したことの証明として、新郎から新婦へ婚約指輪が贈られます。
もし、きちんとした結納を行うことが決まっていれば、婚約指輪は身につけず結納まで新郎が持っていたほうが良いでしょう。
しかし、最近では結納が簡素化されたり省略されたりすることで、結納の線引きが難しくなってきています。

プロポーズで婚約指輪を渡したい場合は?

結納前に身に着けて良い? 婚約指輪を着けるタイミング

男性も女性も、「プロポーズで婚約指輪を用意することは憧れ」という人が多いです。
実際に、結納の前に婚約指輪を贈ってもらったという人も少なくありません。せっかくプロポーズで贈られた婚約指輪を、「結納までは身につけずにしばらくお預け」というのは少し残念ですよね。
今ではあまり結納に関してうるさく言われることが少なく、正式な結納を行う場合以外は結納前から身につけてしまう方がほとんどです。

結納をする場合は一度新郎に預けよう

プロポーズで婚約指輪をもらったとしても、もし結納や食事会をするならそれまでは婚約指輪は新郎に預けておきましょう。
結納でも食事会でも、その場で正式に婚約指輪のお披露目をすることは、ふたりにとってメリットとなります。なぜなら、婚約指輪をお披露目するひと手間を入れることで、両親や親せきなど関係者に誠意を示すことができるからです。

せっかく贈られた婚約指輪ですから、結納までしまっておく必要はありません。
結納まではたくさん身に着けてあげて、結納の前日までには新郎に婚約指輪を預けておくことをおすすめします。
ただし、家庭によっては正式な結納を希望することもあります。
その場合は事前にしっかりと話し合っておき、当日のトラブルを防ぎましょう。

指輪をいろいろ検討しすぎて、何がいいのかわからなくなっていませんか? “Jwelry For Happiness”