COLUMN お役たちコラム

アルコールがカギ? 結婚式で節約するポイント

アルコールがカギ? 結婚式で節約するポイント

結婚式や披露宴などでゲストがチェックするポイントと言えば、飲み物や食事が大半を占めます。
おいしい食事や飲み物でおもてなしをしたいと考えるカップルは多いですが、あれもこれもとプラスすると費用はどんどん大きくなるばかり。
結婚式の費用を節約するには、アルコールが大きなカギとなってきます。
そこで今回は、結婚式費用の節約ポイントを紹介します。

乾杯のシャンパンは必須?

披露宴の始まりには、シャンパンでの乾杯が定番となっています。
実はこのシャンパン、意外と費用を膨れさせる要因のひとつです。
結婚式場で用意する場合、一般的なシャンパンでも1本数千円が相場で、よく知られた銘柄であれば値段はもっと高くなります。
シャンパンでなくても、スパークリングワインやソーダ割りにしたオリジナルカクテルなどにチェンジすれば、雰囲気はそのままに費用を抑えることができます。

フルーツカクテルで見た目もかわいく!

最近ではウェルカムドリンクも定番となっています。
結婚式や披露宴が始まるまでの間に振る舞う飲み物です。
これもアルコールをつけると費用がかさみますが、どうしてもアルコールは外せないという場合、手作りのフルーツ入りカクテルを用意してはいかがでしょう。
ウォッカや焼酎をベースに、好みのフルーツを漬けたものを提供します。
見た目にも華やかで、フリードリンクに比べると費用も抑えることができます。

持ち込みも検討しよう

式場で一式アルコールを頼むと、かなりの費用がかかってしまいます。
アルコールを持ち込むと、多くの式場では持ち込み料がかかりますが、それでも式場で同じものを頼むよりも安くあがる場合が多いです。
日本酒や焼酎などは、男性のゲストが好んで飲みますし、ビールやカクテルに比べると飲む量も少ないことがほとんどです。
コストパフォーマンスの面でも、持ち込むなら日本酒や焼酎がおすすめ。

レストランウェディングなら食事も飲み物も満足度が高い!

結婚式場だとプランなどによって費用を安く抑えることができる場合もありますが、食事やアルコールなどのランクを上げれば、それだけ費用もかさみます。
レストランウェディングなら、食事に関しては申し分ないものを提供できますし、アルコールなどの飲み物に関しても融通が利きます。
料理がおいしい結婚式はゲストの印象にも残りやすいので、誰もが笑顔になる素敵なウエディングとなるはず。あわせて費用も抑えられるので、コストパフォーマンスの高い選択肢だと言えるでしょう。
ただし、ゲストの人数に制限があることが多いので、注意が必要です。

アルコールがカギ? 結婚式で節約するポイント

フリードリンクでアルコールをつけるかつけないかで、結婚式の費用は大きく変わってきます。
アルコールをつけなければもちろん費用を抑えることができますが、ゲストのことを考えるとそれは避けたいですよね。
持ち込みや手作りのカクテルなどを用意したり、初めからレストランウェディングというかたちで結婚式を計画するということも、結婚式費用を抑える大きなポイントとなります。
いくつかの式場を比べてみて検討するといいでしょう。

指輪をいろいろ検討しすぎて、何がいいのかわからなくなっていませんか? “Jwelry For Happiness”