プロポーズのリアル|プロポーズのことならトレセンテ

素敵なプロポーズを演出するために必要な花束の効果的な贈り方

09

女性を喜ばせるためのプロポーズにあれこれと思い悩む男性も多いものですよね。
どんなシチュエーションを作ると彼女が喜んでくれるか、頭でいろいろとシュミレーションする人もいるでしょう。

そこで効果的なものに「花束」があります。
女性なら花束を好きな彼から貰うことは嬉しいものです。

ここでは花束をプロポーズに使って成功させるために知っておきたいことをご紹介していきたいと思います。

プロポーズに使うなら花選びも大事

「何の花でもいい」と適当に花選びをしないで、プロポーズに適している花を選んでみましょう。

では、プロポーズに適している花と花言葉をご紹介していきます。

定番のバラの花言葉は?

女性に花を贈る時には「バラ」が定番ですよね。
実は色によって花言葉が異なります。

赤いバラは「あなたを愛する」。
女性へのプロポーズで赤いバラを見かけるのは、この花言葉のおかげなのですね。
なんと赤いバラを108本贈ると「結婚してほしい」という意味になるそうです。

また「永遠の愛」を意味するのがピンク色のバラ99本です。
バラの本数が多いと、多少お値段は高くなりますが、ロマンチックなプロポーズを演出できそうですね。

彼女の誕生日の花

実は、1年のうち毎日に「誕生花」というものがあります。
彼女の生まれた日の誕生花にメッセージを添えて贈ってみるのもオシャレですよね。

例えば、3月3日は「桃」、花言葉は「天下無敵」です。
5月10日は「カーネーション」、花言葉は「女性の愛」です。

ブリザードフラワーで保管可能に

せっかくプロポーズで花を貰っても、長く保存できないのが寂しいということもありますよね。
もらった瞬間は飛び上がるほど嬉しいのに、花が弱ってくると寂しさを隠せません。
そこで長持ちする「ブリザードフラワー」がおススメ。
これなら、水を与えなくても保管ができて楽に長く保存でき、彼女も大喜びです。

効果的な花束の渡し方とは?

花束はプロポーズを演出する効果的なものだということも、大多数の男性が認識しているでしょう。
だからと言って、デートが始まってすぐに花束を渡してしまうと、その後ずっと持ち歩かなければいけないというデメリットがあります。

そこで多くの男性が考えるのが、食事中のレストランで花束を渡しながらプロポーズをしようということではないでしょうか。
テレビドラマのワンシーンでも見かけることもあるので、このようなシチュエーションに憧れを抱く女性も多いでしょう。
この場合は、お店の人に事前に協力を頼んでおくという方法がベストです。
こういった幸せのサプライズですから、きっとお店の人も協力してくれるはずです。

また、自分のお部屋で渡す場合は、お花屋さんに時間を指定して持ってきてもらう方法もあります。

花と一緒に届けたいプロポーズのセリフ

花を渡しただけでは、プロポーズなのか単なるプレゼントなのか彼女が理解できないこともあります。
そのため、一緒に愛のセリフを届けることが大切です。

自分の気持ちが伝わるような言葉のチョイスが重要ではないでしょうか。

「僕と結婚して下さい」
「家族になって欲しい」
「一生一緒にいたい」

なかなか照れくさいという男性も多いでしょうが、誠意を持って伝えればきっと彼女に伝わるでしょう。

婚約指輪は必要?

プロポーズに婚約指輪を用意すべきかと悩む男性もいるでしょう。
婚約指輪は一緒に後から買いに行くというスタイルも近年多くなってきています。
必ずしもプロポーズの時に準備しなくても、後からでも大丈夫そうです。

ただし、花束だけでは何だかさびしいと感じたら、手紙やネックレス、ピアスなども一緒にプレゼントしてみたらいかがでしょうか。

トレセンテ店舗情報/相談・来店予約

世界が認めた優美なデザインと確かなクオリティ
口コミでも評価の高いトレセンテの婚約指輪・結婚指輪で心に残るサプライズなプレゼントを贈りませんか?

プロポーズ診断