プロポーズのリアル|プロポーズのことならトレセンテ

転勤のタイミングでのプロポーズから結婚までの流れとは

08

結婚をしたいと思って付き合っている彼女がいる場合に、なかなかプロポーズのタイミングがつかめないことがあります。

しかし自分が転勤となってしまった時は、彼女と離れたくないと考えるのが普通です。
もし「この子と結婚したい!」と考えているなら、遠距恋愛を続けるよりは、
思い切ってプロポーズするのがタイミング的にはベストとなるのではないでしょうか。

転勤が決まったら彼女へのプロポーズを考える

小規模の会社の場合には問題ないですが、全国規模の会社に勤務している人には、いつか「転勤」があるでしょう。
場合によっては、数年ごとのサイクルで必ず転勤がある・・・なんていうこともありますよね。

それに、転勤も突然決まることはあまりなく、だいたい「そろそろかな」というような予兆みたいなものもあるものですよね。
同僚の転勤のタイミングなどを見ていると予想がつくこともあります。

転勤は、いきなり言われることでもなく、だいたい数か月前に内示がでることが一般的でしょうから、そのタイミングでポロポーズの準備を始めるのがベストです。

彼女にプロポーズして、OKをもらったら、一気に転勤と結婚の段取りを考えておくといいのではないでしょうか。

転勤する場所が遠い場合には急いだ方がいい?

一口に転勤と言っても「隣県」である場合もありますが、「海外」という場合もあるでしょう。
転勤する場所が極端に遠いなら、プロポーズから結婚までは、なるべく急いだ方がいいかもしれません。

結婚する場合には必ず親同士を交えて顔合わせも必要になってくるでしょう。

彼女からOKをもらった後の行動とは?

プロポーズして「OK」を貰って一安心・・・というわけにはいきませんよね。
転勤と結婚が一緒なのですから、早めにお互いの親との顔合わせをしなければなりません。

親との顔合わせは今後のためにも大切

法律的には結婚は本人同士が了承すれば何の問題もないものですが、実際にはお互いの親同士、親戚同士も必ず絡んでくるのが「結婚」です。

彼女と結婚することがきまったら、お互いの親に紹介し合い結婚の了承を得ておくのが、今後のためにも大切なことなのです。

結婚準備は早めに

結婚そのものは二人のものなのですが、結婚式を行う場合には、お互いの家族の意見も聞きながら段取りを進めていくのが大切です。
価値観が違うことがありますが、なるべく丸く収まるように進めていけるようにしたいものです。

結婚式のタイミングは?

彼女にポロポーズするのが転勤の1~2か月前というところでしょう。
それから急いで段取りをしても転勤後に結婚式となるはずです。
転勤後、なるべく早く結婚式をするように段取りすることをお勧めします。

トレセンテ店舗情報/相談・来店予約

世界が認めた優美なデザインと確かなクオリティ
口コミでも評価の高いトレセンテの婚約指輪・結婚指輪で心に残るサプライズなプレゼントを贈りませんか?

プロポーズ診断