いよいよプロポーズ!きめ台詞はどんな言葉? | 結婚指輪・婚約指輪のトレセンテ

1
いよいよプロポーズ!きめ台詞はどんな言葉?

いよいよプロポーズ!となったら考えるのが、そのセリフ。簡単すぎるのも味気ないし、こだわりすぎて気取ってると思われるのも・・・。と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?言葉によって受ける印象はかなり違いますから、どうしても慎重になりますよね。
そこで今回は、経験者&これからプロポーズを考えている人に聞いてみました。あなたはどんな言葉でプロポーズしましたか?


シンプルでストレートな言葉が一番!

アンケートの結果、圧倒的にシンプルでストレートなセリフが人気を集めました。

・「結婚して下さい」と相手の目を見てストレートに伝えたいです。(30代/男性/会社員)
・緊張して上手く言えない可能性があるので、ストレートに、結婚しようと言った方が良いと思います。(30代/男性/会社員)
・プロポーズの決め台詞は「結婚してください」です。ストレートな言い方がいいと思います。(50代/男性/公務員)

・君と一緒にいるこの当たり前がずっと続いて欲しい。俺と結婚してください。(20代/男性/学生)
・君と一緒にこれから先の時間の全てをずっとずっと共有していきたい(20代/男性/会社員)
・あまり肩肘張ったり、キザになりすぎないよう、いつまでも一緒にいてほしいと伝えます。(40代/男性/会社員)

・決めセリフなど必要ないと思う。とにかく誠実に向き合うことが大事。(50代/男性/無職)
・決めゼリフなんてありませんね、断られたらひたすら泣き倒してみます。(30代/男性/会社員)

圧倒的に人気だったのが、「結婚しよう」「結婚してください」でした。やはり、シンプルですがその分力強く、想いがストレートに伝わるのが魅力のようです。これなら相手が勘違いするなんてこともありませんしね。
次に多かったのが、「一緒にいてほしい」「これからも一緒にいたい」といった言葉です。「一緒」や「これからも」というのは、結婚を意識させるキーフレーズですよね。「結婚してください」とストレートにいえないシャイな人でも、これらの言葉を使えば、上手く気持ちを伝えられるかもしれません。
決めゼリフなんて必要なし!な人もいました。とにかく誠実に、真正面からぶち当たるタイプです。男らしいですが、あたって砕けないようにしたいですね。

誠実に相手と向き合い、自分の想いを真摯に伝えること

いかがでしたか?やはりシンプルでストレートな言葉が一番!と考えている人が多いようです。また、一緒にいたい、これからもずっと側にいてほしい、といったセリフも人気がありましたね。
どんな言葉でも、大切なのは自分の気持ちです。誠実に相手と向き合って、自分の想いを伝えようとすれば、どんなに言葉が拙くとも、想いは必ず伝わりますよ。プロポーズだからといって気負いすぎずに、自分らしい言葉で伝えてみてはいかがでしょう?

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】男性
  • 調査期間:2015年10月06日~2015年10月20日
  • 有効回答数:100サンプル

~プロポーズから挙式までの流れとトレセンテブライダルリングについてはこちらからご覧ください~

プロポーズから挙式までの流れについて
http://www.trecenti.com/special/preparation.html

トレセンテ ブライダルリングページ
http://www.trecenti.com/bridal/


いよいよプロポーズ!きめ台詞はどんな言葉?TOP