TRECENTIがお送りする結婚指輪や婚約指輪など結婚にまつわる情報サイト
REAL TRECENTI

2016年02月07日

プロポーズしたい女性にライバルがいるとき、必勝法とは!?

プロポーズご結婚前の男性ご結婚前の女性ご結婚前のカップル

11

「プロポーズ」は生涯を左右する大きなイベントです。どちらから行うという決まりはないようですが、やはり、男性から女性にすることが多いのではないでしょうか。それだけに気合を入れて行いたいものですね。ところが、自分がプロポーズしたい女性に、同じくプロポーズしたい男性がいたらどうなるのでしょうか。また、そうなったとき、ライバルの男性に打ち勝つ決め手とは?男性側だけでなく、女性側からの意見も聞いてみたいですよね。そこで、全国の男女100人を対象にアンケートを取ってみました。

【質問】
一人の女性を巡って、他の男性と同時にプロポーズ!最終的に決め手となるのは?

【回答数】
収入:27
ルックス:3
性格:63
その他:7

6割以上の人からは「性格」を重視する声が!

アンケートの結果、「性格」と答えた人が最も多いことが分かりました。

・長い人生をともに歩むためには、やはり、その人の人柄が大切だから。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・性格的に合わないと、他の条件は良くても長く続けるのは難しく、結局後悔するので。(30代/男性/自営業(個人事業主))
・性格が一番だと思います。長く一緒にいなければならないから性格は大事(30代/女性/専業主婦)
・収入とかルックスとなると夢がないかな。 最後は性格で選んでほしいという願望(30代/男性/会社員)

63人の男女は、プロポーズの決め手になるのは「性格」だと考えているようです。夫婦になると長い人生を一緒に歩むことになり、当然、苦楽を共にすることになりますね。そんなとき、性格がよくなかったり、性格が合わなかったりすると、夫婦の歴史を刻むことは難しくなるかもしれません。また、男性からは、他の条件以上に「性格」を重視する声がうかがえます。その男性の意見には「結局後悔する」がありますが、これは、プロポーズする男性側に対するメッセージとも取れます。なお、他の男性からは「性格で選んでほしい」と希望する声も挙げられていました。

約3割の人は「収入」!わずかながら「ルックス」を挙げる人も!

アンケートの結果、「収入」に次いで「ルックス」の順となりました。

・現代の女性はルックスよりも経済力を選ぶので、最後は収入でしょう(50代/男性/会社員)
・ポイントは「つきあってくれ」ではなく「結婚してくれ」であること。だから収入が決め手になると思う。(40代/男性/会社員)
・自分を幸せにできるのは収入のある人であると私はおもっています。(20代/女性/専業主婦)
・女性はお金に弱い生き物なので、最終的には収入で選んでしまうと思います。(40代/女性/専業主婦)
・最終的に決め手となるのはルックスでしょうね、嫌いな顔とは暮らせない(30代/男性/会社員)

「収入」を重視する男女は27人。現代女性は経済力を重視するという熟年男性の意見がみられます。また、交際と結婚とは別問題だと捉える男性もいるようですね。「つきあってくれ」と「結婚してくれ」との対比が大変印象的です。一方、女性からは幸せにできるのはお金、女性はお金に心揺らぐといった声も寄せられています。
なお、プロポーズの決め手として「ルックス」を選んだのは3人ですが、嫌いな顔とは暮らせないという同性(男性)側のストレートな表現もうかがえました。

性格のよさが大切!ライバル男性に屈しないで自分をアピール!

アンケートの結果、結婚に際して大切な条件は「性格」ということが分かりました。このような意見は、男性側はもちろんのこと、プロポーズを受ける女性側に多いようです。また、結婚生活を続けるためには経済的基盤も必要ですが、それを指摘する熟年男性とそれに呼応する形の女性がいることに特徴がみられます。なお、ルックスを重視する人も少数ながらいますが、こちらも見逃せないかもしれませんね。プロポーズに至るまでのいきさつは人それぞれですが、そこまでたどり着くためには性格がよくないと無理かもしれません。このようなことから、プロポーズするときはライバル男性に屈することなく、自分のよさをアピールしてはいかがでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年12月22日~2016年01月05日
  • 有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

注目記事

  • 2

    2015年4月3日

    ご婚約後の方ご結婚後の方結婚指輪

    結婚指輪をつけ始めるのはいつ?!

    2人でこだわって選んだ結婚指輪。購入して手元に届いたらすぐ身に着ける? 結婚されている方はどんなタイミングで結婚指輪を付け始めたのでしょうか? そこで今回は気になる結婚指輪をつけるタイミングについて、調査をしてみました。 結婚式できれいな状態の結婚指輪を身に着けるには? アンケートの結果、結婚式を控えているカップルの約7割程度が結婚式を迎えてから結婚指輪を身に着けるという結果に。 結婚式の指輪交換のときに、真新しい指輪を付けたいから。結婚式前につけていると、汚れたり傷が付いたりしそうだから。(40代/女性/専業主婦主夫) 写真撮りますし、当日までに汚れたら切ないので、大事にしまっておきます。(30代/女性/自営業(個人事業主)) キズをつけてしまったり、万が一無くすことがあってもいけないし、気持ち的にも挙式の時に初めてちゃんとつけたいと思うので。(30代/女性/専業主婦主夫) 結婚式で指輪の交換の儀式があるし、それまで身につけずにとっておく方が特別感が増すので。(30代/女性/専業主婦主夫) 「結婚式当日に新品でキレイなままの指輪を交換したい」と考える女性が多い結果となりました。結婚指輪は毎日の生活の中でつけるものですから、式の前からつけていると、それまでに汚れや傷がついてしまう可能性はありますよね。 それ以外では「気持ちの面でも結婚指輪は結婚式で初めてつけたい」という意見もありました。 ただ、ブランドによっては指輪の磨き上げのサービスを行っているところもあります。トレセンテでも、全国のいずれかの店舗に指輪をお持込いただくか、郵送していただくことで無料にて指輪の磨き上げのサービスをご提供しております。(※購入店舗への持ち込みでなければばらないというルールもございません。)こうしたサービスをご利用いただければ、結婚式のことを気にせずに毎日身に着けることもできるのではないでしょうか。 手元に届いてからすぐに結婚指輪をつけると答えた人の意見 結婚式より入籍が先なので、入籍と同時に付けてます。式を挙げなくても入籍が結婚の意味だと思います。(30代/女性/パートアルバイト) 入籍日が結婚式よりも前なら、入籍日からつけるので結婚式までの間もつける。(30代/女性/専業主婦主夫) 結婚指輪をもらって嬉しいので、肌身離さずつけます。つけることで結婚の実感がわきます。(20代/女性/専業主婦主夫) 購入したショップで、結婚式の前にクリーニングができると聞いたので迷わずつけている。(30代/女性/自営業(個人事業主)) 購入してすぐと答えた方々は、結婚の喜びや証としてすぐに身に着けると答えた方が多くいらっしゃいました。 結婚指輪をつける始めるベストのタイミングは? 最近では結婚式を挙げないというカップルもいらっしゃいますので、そういった方にとってはお互いが結婚することに合意したタイミングや、入籍の日から、その証となる結婚指輪を身に着けることが多いようです。 結婚式を控えている方も、結婚指輪の購入時検討期は、結婚式の半年以上前が平均的という調査結果もありますから、磨き上げのサービスを利用するなどして、結婚式の前であっても、結婚の証として身に着けていただくのもいいかもしれませんね。   調査地域:全国 調査対象:女性 調査期間:2015年03月20日~2015年04月15日 有効回答数:100サンプル  

  • A

    2014年11月6日

    ご婚約後の方結婚指輪

    結婚指輪は分割で購入した?それとも一括で購入した?

    結婚の時期には、結婚式や新婚旅行、新居の手配など、何かとお金がかかるものです。 そうした結婚資金は、2人の貯金を使う他に、両親からの援助を受けるカップルも多いというデータもありますが、結婚の中でも象徴ともいえる結婚指輪の購入について、みなさんどのように工面しているのでしょうか。 そこで今回は、何かと物入りの時期に一括払いなのか分割払いなのかなど調査をしてみました。 一括購入派が過半数 今回のアンケート結果では、一括購入派が半数以上という結果となりました。 ・指輪の価格が、二人分合わせても20万円ちょっとくらいで、それほど高価なものではなかったから。 ・どうせいつかは支払うものだし、特段分割にする理由がなかったので、一括支払いにしました。 ・結婚指輪は買うぞといきこんで買いに行ったのでお金を用意していったから 「それほど高いものではなかった」「手持ちで十分に買える金額だった」と回答した方が多かったです。 回答者の声では20万円ちょっとという予算感でしたが、結婚指輪は比較的シンプルなデザインが主流であるため、一括で支払える範囲内の価格帯でも、選択肢が豊富であることも要因となっています。 「購入するためにお金を貯めていたので」という声もあり、大切なイベントのために貯金して気合いを入れて購入したカップルや、他には「人生のスタートでいきなりローンを組みたくない」など、分割支払い自体に抵抗のある方も中にはいらっしゃいました。縁起を担ぐという意味でも、「買える範囲内で無理せず一括の支払で」と考えていらしゃるようです。 ただ、一括購入派でもボーナスなどの臨時収入を利用したという方や、貯金をしていたという方もいて、指輪を購入するためには計画的な資金調達が必要であることが分かりました。 納得のいくものを選びたいから分割やボーナス払いでの支払いを選択 一方で、少数派の分割支払いでは、それぞれのカップルの理由や想いが見える回答理由がありました。 ・すごく気に入った結婚指輪を見つけたけど、予算オーバーだったので分割での支払いにしました。 ・結婚式の費用などもあったので分割払いにしました。 元々想定していたご予算やその後に控えるイベントを考慮してお財布事情を考え、分割支払いを組むというケースが声がありました。 また、他には分割支払いというだけでなくローンやボーナス払いを利用したという声もあります。 ・ボーナス払いを利用しました。安いものではないですし、納得いくものを購入したいから。 ・主人がローンを組んだようでした。低所得なのに、それでも結婚指輪にこだわってくれたみたい。 一括支払いではない背景には、納得のいく結婚指輪のために利用したという意見が目立ち、こだわりが感じられる調査結果となりました。 結婚指輪の購入。ローンで購入も問題なし! 今回のアンケート結果では、結婚指輪は一括購入したカップルが多いことが分かりました。2人の新しい生活のスタートを切るにあたって、分割の支払は心理的に抵抗があるという方も確かにいらっしゃるようですが、今後のお二人の日々の生活やその後控えているであろう新婚旅行や結婚式のことを踏まえて、無理なく支払ができるようにと考えてみてもいいかもしれません。 また支払方法はクレジットカードを利用するという方が9割を超えており、クレジットカードについている特典を利用して新生活に役立てる方もいらっしゃるようです。 それぞれのお金の事情や状況を踏まえて、思いやりをもって購入を進めれば、結婚指輪の購入も夫婦生活の始まりとして素敵な思い出になるかもしれませんね。 調査地域:全国 調査対象:年齢不問・男女 調査期間:2014年5月26日~6月30日 有効回答数:100サンプル  

  • 婚約指輪予算30代

    2014年8月25日

    ご結婚前のカップルご結婚前の女性ご結婚前の男性婚約指輪

    婚約指輪の予算っていくら?(30代編)

    結婚をする時にはなにかしらの婚約記念品の贈り物があったという方が全国的にみても大半のようですが、その中でも婚約指輪が記念品であったという方は9割ほどという調査結果があります。結婚といえば婚約指輪でプロポーズを思い浮かべる方も多いでしょうし、驚くほどの結果ではないかもしれません。 そんな婚約指輪ですが、ご結婚をされたみなさんがどれくらいの予算で購入されたのかの、今婚約指輪の購入を検討されている方にとっては、気になるポイントのひとつではないでしょうか。 そこで、今回は婚約指輪の予算について、30代を中心に調査をしてみました。同じ年代の人にとっては特に参考にできる点が多いでしょう。最適な価格で、プポロポーズを成功させたい人にとっても、失敗しない婚約指輪選びのためにも是非ご参考にして下さい。 婚約指輪の購入に使った金額は30~40万円未満が最も多い! 全国を対象に年代を問わず調査した結果、最も多かったのは30~40万円未満という回答で3割程度でした。続いて20~30万円未満が2割程度、40~50万円未満と10~20万円未満がそれぞれ1割強という結果になっています。 「昔からの憧れ」「婚約としての証」「けじめ」「二人の繋がりとして」という婚約指輪に対する想いや考えもあり、 ご自身のお財布と相談しながら 「あまり高すぎず、それなりの指輪を」と30~40万円程度の婚約指輪を購入される方が多いようです。 中には 「結婚後の生活でたくさんお金がかかるので、指輪にはあまりお金をかけたくない」というものや 「結婚式や新婚旅行、新生活費用などを考えると、抑えないと後々苦労する」 といった結婚した後のことをしっかりと考えた堅実派の意見も回答者の声にはございましたが、30代前半の方ですと、30~40万円の婚約指輪を購入している方が最も多い結果となり、30代後半になってくると購入額は比較的低下していく傾向が見受けられました。 婚約指輪の購入のあれこれ 30代の婚約指輪のご予算の想定がおおよそできたところで、他にも検討しないといけないことは他にも多々あります。例えば、 「婚約指輪の石はどんな宝石にしようか?」 「素材はやっぱりプラチナ?最近流行りのゴールド?」などなど。 昔から根強い人気は、「ソリティア」と呼ばれるシンプルな一粒石のデザインの指輪で、石はダイヤモンドで素材はプラチナ。ブランドは安心と信頼のある国内ブライダルジュエリーブランドを選ぶ方が多いようです。年月を経ても、飽きることなくそして流行りに流されることなくずっと身に着けられるシンプルなデザインが好まれるようですね。 婚約指輪を選ぶ時には、パートナー同士で意見を交わすことも大切です。実際には、どちらか一方で婚約指輪を選ぶ方よりもお二人で選ぶ方の方が多いというのが最近の傾向ですから、悩みすぎなくても良いかもしれません。 納得してもらえる婚約指輪選びをすることで、お二人の幸せも一層大きなものになるでしょう。 調査地域:全国 調査対象:30代・性別不問 調査期間:2014年7月1日~7月5日 有効回答数:100サンプル

  • 結婚指輪をネックレスとして首からさげたいですか?それとも指にはめていたいですか?

    2015年4月6日

    ご婚約後の方ご結婚後の方結婚指輪

    結婚指輪の扱い!ネックレスとして首から下げるか、指につける?

    結婚指輪は基本的に指につけるものですが、ネックレスとして首から下げる扱い方もあります。ネックレスであればおしゃれにもなりますし、仕事などでいちいち取り外す必要もなくなります。しかし、指につけていた方が指輪としての機能を果たしているともいえます。そこで結婚指輪の扱い方は首から下げるか指につけるか、どちらが良いのかアンケートを取ってみました。 【質問】 結婚指輪をネックレスとして首からさげたいですか?それとも指にはめていたいですか? 【回答数】 ネックレス:21 指輪:79 首に下げるイメージがない!着脱しやすいのは失くす原因になる! アンケートの結果によると、約8割と大半の人が指につけていたいと回答していました。 ・指輪としてつけていたほうが安心感がある。首だと知らぬ間になくなりそうだから。(20代/男性/会社員) ・指にずっとはめてたいですね。首からぶら下げてるとなくしそうなんで。(20代/男性/会社員) ・結婚と言えば指輪を想像するし、指はずっと着けていられるから。(20代/男性/学生) ・ネックレスのように着脱しやすいものはなくしやすいので怖いので。(30代/男性/パートアルバイト) ネックレスとして首から下げていると、指と違って着脱がしやすいのが難点になるという声が多く目立っています。何かの作業に夢中になっている時などネックレスをどこかに置き忘れてしまう場合もありますし、指につけている時よりも失くしてしまいやすいと感じられます。そもそも結婚指輪と言えば指につけるイメージがありますし、安心してつけていたいなら指の方が良さそうです。 仕事柄指から外している場合はネックレスとして下げる方が良い? しかし、反対にネックレスとして首から下げている方が良いという人は約2割でした。 ・仕事をする上で手を洗うことが多いので、ネックレスの方が良いと思います。(20代/男性/会社員) ・何十年も経てば、指が大きくなったり、小さくなったりと、大きさが合わなくなると思うから。(20代/男性/学生) ・金属アレルギーなので指はダメなのです。ネックレスなら直接、肌に触れないので。(50代/男性/無職) ・今の仕事も今までの仕事も技術職の指先を使う仕事なので、怪我防止と紛失防止のため(30代/男性/公務員) 結婚指輪は指につけるものですが、仕事柄指につけていると傷ついてしまったり汚れてしまう可能性があります。特に指先が重要な職場では指輪が邪魔になることも多くあるでしょう。また、金属アレルギーの人は指につけられないので、首から下げた方が合理的かもしれません。将来的に指が太くなって指輪がつけられなくなる恐れもある為、もしそうなってしまったらネックレスとして大事に扱うのが良いということがうかがえます。 仕事なら首から下げるのもアリだが基本的に指につけるのが普通? 今回のアンケート結果では大半の人が結婚指輪は指につけたいと考えているようですが、様々な理由でネックレスとして首から下げていたい人も少なからずいることがうかがえました。 どんな結婚指輪でも職業柄邪魔になってしまう可能性があります。金属アレルギーの人や将来的に指が太くなる可能性を考えると首から下げていた方が利便性が高いのかもしれません。しかし、結婚指輪こそ指につけていた方が結婚しているという安心感にも繋がるので、どちらが良いかは仕事や自分自身の状況によって変わるのでしょう。 調査地域:全国 調査対象:男性 調査期間:2015年03月20日~2015年04月15日 有効回答数:100サンプル