TRECENTIがお送りする結婚指輪や婚約指輪など結婚にまつわる情報サイト
REAL TRECENTI

2023年08月25日

可愛い婚約指輪ってあるの?テイストやデザイン、おすすめリングを紹介!

婚約指輪プロポーズご結婚前のカップル

エンゲージ

ー 目次 ー

普段から可愛いものが大好きな人は、婚約指輪のデザイン選びにおいても、思わず「カワイイ!」と感じる物に魅かれるのではないでしょうか。「可愛い」という感覚は、否が応でも年齢に相応かを問われる印象があるため、婚約指輪のデザインを選ぶ際に「50年後もこの指輪でいいのだろうか」と悩んでしまう人もいます。歳をとってからのことを考え好みとは異なるデザインを選ぶ人もいますが、自分の好きな物や価値観を捨てて指輪選びをすることで、「私らしくない」と後悔することがあるかもしれません。

本記事では、可愛い婚約指輪を選ぶ上で知っておきたい選び方や、キュート系以外のテイストについて、またおすすめのリングについて紹介します。

可愛いものもある!婚約指輪の定番テイストを解説

婚約指輪といえば、中央に大きなダイヤモンドがあるデザインをイメージしますが、実際は様々なデザインが存在しています。デザインは多岐に渡るため、指輪選びをする際にある程度その人の探し物が見つかりやすくなるよう、テイストを分類分けして記載しているWebページなども多く存在しています。例えば、可愛い婚約指輪を選びたいなら文字通り「キュート系」のような表現で分類されていることが多いです。キュート系を含む定番のテイスト3つと、その他のテイストについても解説していきます。

シンプル系

シンプル系とは、その意味通り過度な装飾等が目立たないタイプの指輪のことです。シンプル系に振り分けられた指輪のデザインの多くは「ソリテール」という「婚約指輪といえばこれ!」と最初にイメージするような中央1石だけのデザインが多い印象です。奇をてらわないスタイルは、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすく、着用シーンを選びません。指輪のラインもストレートのタイプが多く、結婚指輪と重ねづけしやすいものが多いです。

年齢がいくつになっても好みに左右されずに飽きがこない、兎に角どんな装いにも合わせやすいなど、悩みを生むことが少なそうな点がシンプル系が選ばれやすいポイントになっています。

エレガント系

エレガント系は、シンプルとは反対で装飾がちりばめられていたり、特別華やかな印象を受けるタイプの指輪のことです。ダイヤモンドの輝きに憧れを抱く人や、キラキラしたものが好きな人から好まれるテイストになっています。上品でラグジュアリーな存在感の指輪は、フォーマルシーンでも大活躍します。

キュート系

キュート系は、エレガント系よりもフェミニンな印象を強く受けるタイプの指輪のことです。モチーフデザインが分類されていることも多く、ハートの形やリボンの形、お花のモチーフなどが人気です。デザイン性が高い分ダイヤが貴金属が多く使われていたり、ハートシェイプダイヤや天然ピンクダイヤなどの希少な石を用いたデザインもあるため、実はフォーマルなシーンの着用に適していたり、オシャレなデザインということで普段使いもしやすいなど、楽しみ方が深いカテゴリでもあります。キュート系の婚約指輪は、年齢を重ねても可愛いさを忘れないでいさせてくれる、素敵な心構えを持たせてくれるアイテムにもなります。

その他のテイスト

婚約指輪には、上記の定番の他にも以下のようなテイストがあります。

■カジュアル系

シンプルよりも自然体で、ラグジュアリーさを感じさせないタイプの指輪です。ブライダルジュエリーとしてというよりは、ファッションリングのように使いたい人におすすめでしょう。

■ゴージャス系

ダイヤモンドの量・大きさ・金属ボリューム等、ジュエリーの材料がふんだんに使用されたタイプの指輪です。婚約指輪においては特に、ダイヤモンドの量がとても多いデザインのものが分類されている傾向です。とにかく豪華なデザインが好きな人におすすめの分類です。

■個性派系

婚約指輪の概念に囚われない、独自のデザイン性が突出しているタイプの指輪です。多くの人たちの好みと近くならずに、自分ならではのデザイン選択をしたい方におすすめです。

【デザイン】可愛い婚約指輪選びのポイント

可愛い婚約指輪を選ぶ際に、ブランドやサイト運営側が分類した「キュート系」から選ぶことも参考になりますが、中にはキュート系に分類されていないけれども可愛いと感じられるデザインもあります。もっと色々見てみたいと思った時に、誰かに分類された「可愛い」ではなく、自分なりに可愛いと感じる指輪を探してみることもおすすめです。選択の幅が広がり、思いもよらぬ観点から自分にぴったりなものが見つかる可能性が増えることでしょう。

メレダイヤ、ミル打ちなどの細やかな装飾があるデザイン

メレダイヤ、ミル打ちなどの細やかな装飾があるデザイン

婚約指輪の中央部分だけではなく、周りがどのようなデザインになっているかによっても指輪の印象が変わります。例えば丸みを帯びた細やかな装飾が施されているものは、その繊細さと柔和な雰囲気から「可愛い」と感じることができるデザインです。

センターダイヤモンドよりも小さな「メレダイヤ」が複数個散りばめられていたり、「ミル打ち」とよばれる技法で金属の粒を指輪のラインに沿って施された指輪は可愛らしさを感じられる可能性があるでしょう。

曲線や丸みを帯びたデザイン

曲線や丸みを帯びたデザイン

エッジの効いた指輪よりも丸みを帯びた指輪の方が「可愛い」と感じられます。ダイヤモンドを留める爪や石座も同様で、尖っていたり直線的なものよりも、丸みのあるデザインを探してみるといいでしょう。

指輪のラインには ストレート、V字、ウェーブ(S字)の3パターンが

ありますが、ウェーブ(S字)の曲線によってはそれだけで「可愛い」と感じる人もいます。ウェーブ(S字)かつ、指輪の角がエッジの効いた平打ちではない「甲丸型」のデザインの場合は、特に可愛らしい印象を覚えるでしょう。甲丸型は隣の指に当たっても痛みを感じにくいため、つけ心地の良い指輪としてもおすすめです。

ストーリー性を感じるデザイン

ブランドによっては、婚約指輪のデザインごとにストーリーやテーマを決めていることがあります。ブランドの想いや願いが託されたデザインを見て、自分の価値観や好みに当てはまる場合、無性にその指輪が愛おしく感じるでしょう。特に花嫁のブーケや花冠、ティアラなどを想起させるデザインは、婚約・結婚の嬉しさも加わり一層「可愛い」と感じられます。

「可愛い」の王道。花やハート、リボンのデザイン

「可愛い」の王道。花やハート、リボンのデザイン

「可愛い」の王道ともいえるお花、ハート、リボンモチーフ。指輪を見た瞬間にテンションが上がってウキウキしますが、「普段使いができそうか」という点において注意が必要です。モチーフの可愛さを優先するあまり、身の周りの物へぶつけたりひっかけたりしないかなどの配慮が行き届かないデザインも多く、せっかく可愛いくても使いにくければ気分を台無しにする指輪になってしまいます。使用するシーンをかなり選ぶことになる可能性がありますので、注意して見ましょう。

「可愛い」の王道。花やハート、リボンのデザイン

使用するシーンで言いますと、お花のモチーフはハートやリボンのデザインよりも大人びた印象になりやすく、ファッションにおいても汎用性が高いため使いやすいでしょう。また花の種類をイメージさせるデザインであれば、好きな花や花言葉から指輪選びをする楽しみ方もあります。可愛いくて、想いを込めたとっておきの1本がみつかるかもしれません。

【素材】可愛い婚約指輪選びのポイント

婚約指輪の金属素材をゴールド系にしたり、サイドストーンにカラーストーンを取り入れたりすることで、自分の好みの「可愛い」指輪が見つかるかもしれません。ブランドやデザインによって独自のカスタマイズが可能な場合がありますので、チェックしておくといいでしょう。

指輪の素材をピンクゴールド(イエローゴールド)にする

婚約指輪といえばプラチナ素材をイメージすることが多いですが、ブランドによってはイエローゴールド、ピンクゴールドなどの素材で作製することが可能です。イエローゴールドもピンクゴールドも、ダイヤモンドやカラーストーンが映える色味ですので、婚約指輪の素材として是非候補に入れてみてはいかがでしょうか。

特にピンクゴールドは日本人の肌の色と相性がよく、指輪が手に馴染みます。ピンク系で可愛さもありながら、身に着けやすい色味として人気の素材です。

サイドストーンに色石を選ぶ

中央のダイヤモンドの脇に色石をカスタムできるブランドもあります。気になった指輪のデザインが、メインダイヤの脇にもダイヤが添えられている物の場合は、色石に変更できるかを聞いてみるといいでしょう。

特にピンク色の宝石は、幸福を感じる色として婚約指輪で好んで選ばれるカラーです。ピンクダイヤモンド・ピンクサファイアは硬度や耐久性が他の色石よりも高いため、表側に着ける色石としてはおすすめです。

特にピンクダイヤモンドは大変貴重な宝石です。可愛いだけでなく、価値の高いジュエリーとして宝物になるでしょう。

おすすめの可愛いデザインの婚約指輪を紹介!

可愛い婚約指輪を探している方には、トレセンテがおすすめです。可愛くて普段使いしやすく、つけ心地もよいおすすめの婚約指輪を4つ紹介します。なお、サイドストーンはピンクダイヤモンド、ピンクサファイア、ブルーサファイアから選べます。

チェリーブロッサム(フローラシリーズ)

チェリーブロッサム(フローラシリーズ)

フローラシリーズは、花の女神フローラをイメージしたトレセンテの代表作です。普段から沢山身に着けられるように「美しく使いやすい指輪」を追求した、トレセンテならではのモノづくりの原点となった商品で、1995年に国際ジュエリーコンテスト「プラチナ・デザイン・オブ・ザ・イヤー」に入賞もしています。

そんなフローラシリーズの中でも屈指の人気を誇るチェリーブロッサムは、日本人になじみの深い桜をモチーフにしています。ピンク色の花びらをイメージしたサイドのピンクと、枝から上品に咲き誇る姿を独自の曲線美で表現したデザインです。

可愛いだけでなく、趣きを感じさせるデザインは年齢を重ねた手にこそ上品に映えます。洋装だけでなく、和装にも似合うので様々なシーンで活躍しそうです。

フローラ-チェリーブロッサム-を詳しく見る

ペオニアS(フローラシリーズ)

ペオニアS(フローラシリーズ)

すらりと伸びる茎に咲く大輪の花、芍薬(シャクヤク)をイメージした婚約指輪です。なめらかなアームと大きく輝くダイヤモンドが印象的なデザインで、両サイドには幸せを象徴するピンク色の宝石が輝きます。

フローラシリーズにはそれぞれ花言葉が充てられていますが、ペオニアSには「幸せな結婚」というメッセージが込められているのも素敵です。

フローラ-ペオニアS-を詳しく見る

ドゥエマーニ・ルーチェ(エテルナシリーズ)

ドゥエマーニ・ルーチェ(エテルナシリーズ)

イタリア語で“永遠”を意味するエテルナシリーズでは、二人の愛が永遠に輝き続ける様子を表現しています。ドゥエマーニ・ルーチェは、二人で手を取り合って永遠の絆を紡いでいく様子を表現した、煌びやかなデザインです。

サイドストーンの内側2石だけをピンク色でセットすることで、ホワイトダイヤモンドとのコントラストが可愛く感じられます。

エテルナ-ドゥエマーニ・ルーチェ-を詳しく見る

ジプソフィラ(フローラシリーズ)

ジプソフィラ(フローラシリーズ)

白く可憐な花を咲かせる“かすみ草”をイメージしたジプソフィラ。リングの周りを囲むように施されたミル打ち(ミルグレイン)は、全て職人の手作業です。またミルグレインは子宝・永遠・長寿を願う装飾とも言われています。かすみ草のような細やかさのミルグレインは、可愛らしさに加えお守りのように大切にしたくなるデザインです。

フローラ-ジプソフィラ-を詳しく見る

可愛い婚約指輪を選ぶときの注意点

冒頭でもお伝えしましたが、「可愛い」という感覚は、否が応でも年齢に相応かを問われる印象があるため、婚約指輪のデザインを選ぶ際に「50年後もこの指輪でいいのだろうか」と悩んでしまう人もいます。もしも不安になった場合は、一度キュート系以外のテイストにも注目してみて、気になるデザインの幅が広がるかを確認してみてください。その中で、新たな好みの発見や、「やっぱり可愛いのがいい!」「やっぱりシンプルにしておこう……」など、自分の中で方針が決まるかもしれません。

また可愛い系は前述の通り、デザイン性が高い分ダイヤが貴金属が多く使われていたり、ハートシェイプダイヤや天然ピンクダイヤなどの希少な石を用いたデザインもあるため、実はフォーマルなシーンの着用に適していたり、オシャレなデザインということで普段使いもしやすいなど、楽しみ方が深いカテゴリでもあります。キュート系の婚約指輪は、年齢を重ねても可愛いさを忘れないでいさせてくれる、素敵な心構えを持たせてくれるアイテムです。周りの人が何を言おうと、自身が好きな物が可愛い系であったら、自信を持って選びましょう!

もし客観的な意見も取り入れて婚約指輪を選びたいなら、店舗で相談するのもおすすめです。経験豊富なジュエリースタイリストであれば、今も将来も満足できる婚約指輪選びをサポートできます。

いつまでも愛用できる可愛い婚約指輪を選ぼう

可愛い婚約指輪を選びたいなら、「キュート系」と分類された商品から探す、自分で好みの可愛い指輪を探す、金属や色石をカスタマイズして好みの可愛さにするなど、色々な方法があります。

とはいえデザイン性が高すぎて使いにくい、色々なシーンで使用できない、将来の自分に似合うデザインか不安など、心配なこともあるでしょう。婚約指輪は店舗で実物を見ながら試着・相談して選ぶことをおすすめします。

トレセンテの店舗では、ジュエリースタイリストが50年先も愛用できる婚約指輪選びをお手伝いしています。かわいい婚約指輪をお探しのお客様は、ぜひホームページより来店をご予約の上、お気軽にお越しください。

トレセンテの店舗ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

注目記事