QUALITY トレセンテの高品質へのこだわり

一生に一度の特別なリングは最高級のものをつけていただきたい。
そんな想いから、トレセンテでは
ダイヤモンドやプラチナはもちろん
つけ心地や耐久性にもこだわり
世界にも誇れる高品質を実現しております。

トレセンテのダイヤモンドリング

トレセンテのダイヤモンド

ダイヤモンドの美しさは、一般的に4C(Carat・Color・Clality・Cut)と呼ばれる4つの要素で構成されています。
「より輝くダイヤモンドをお客様にご提供したい」という想いからトレセンテでは同じグレード表示がついたダイヤモンドでも、インクルージョン(内包物)にこだわることでダイヤモンドの輝きに差が出ることに着目。
4Cのうち、ColorはF以上の無色を。ClarityはVS以上のクリニッシュを、CutはExcellentでプロポーションの整った美しいダイヤモンドを使用しています。

4Cとは

希少価値の高いピンクダイヤモンド

アーガイル鉱山はその出荷先にも非常に厳しく、ブランドのクオリティや管理を審査した上で、世界で約36社、日本で5社(2016年9月現在)を「SELECT ATELIER(セレクトアトリエ)」と呼ばれる正規代理店として認定しています。
トレセンテは品質管理を高く評価され、アーガイル鉱山の出荷先として認定を受けているため、品質がよく色目が美しい天然ピンクダイヤモンドを、安定してみなさまのお手元に届けることができます。
トレセンテでは主に4P〜6Pのグレードを取り揃えており、お好みの色を幅広くお選びいただけます。
ピンクダイヤモンドは年々産出量が少なくなっており、特にトレセンテでご用意している位の色の発色が綺麗なものは希少です。

もっと見る

おふたりの永遠を誓う双子ダイヤモンド

“双子ダイヤモンド” とは、ひとつの原石からカットされた2粒のダイヤモンドのこと。
今、私たちが目にするダイヤモンドは、数億年もの時間をかけて形成された、地球上でもっとも神秘的な奇跡の鉱石です。
本来ならば、ダイヤモンドの原石はふたつにカットされた後、別々の流通過程を歩み、それぞれの持ち主の元へ運ばれていきます。
トレセンテではその2粒を特別にペアのまま管理し、“双子ダイヤモンド®” としておふたりへお届けします。

もっと見る

素材

トレセンテのプラチナ

本来の色が純粋な白でその美しさを保ち続けるプラチナ。
ずっと身に付けていたいブライダルリングにふさわしい素材です。
たの金属を配合する割合が低いため純度が高く、底から湧き上がるような輝きは、時を経ても変質・変色することがありません。トレセンテでは耐久性を高め、国際基準を満たしたPt950のハードプラチナを使用しています。

プラチナ素材

国際基準を満たしたPt950 のハードプラチナを使用。
世界でプラチナジュエリーと認められているのは95% 以上プラチナを使用したもののみです。

[一般的なハードプラチナ]パラジウム使用

  • 金属の中に鬆(す)という穴ぼこ、空洞が出来やすく、強度面に不安
  • アレルギーが出やすい

金属アレルギーを起こしやすいとされる順位として5位に位置する

  1. 【1 位】水銀
  2. 【2 位】ニッケル・コバルト
  3. 【3 位】スズ
  1. 【4 位】クロム
  2. 【5 位】パラジウム

[トレセンテのハードプラチナ]
イリジウム・ルテニウム使用

  • パラジウムよりも強度がある為、変形を起こしにくい
  • パラジウムよりもアレルギーが出にくい
  • 希少性の高いレアメタル

※アレルギーについては、個人差が大きい為、ご不安な方は専門医での検査をおすすめします
※Pt999 のお取り扱いもございます

プラチナ以外にも、トレセンテではゴールドにもこだわりがあります。
ピュアなホワイト、温かみのあるイエロー、優しげなピンクの中から、
シリーズごとに相性の良いカラーを選び
プラチナ同様、耐久性や使い心地を考慮して純度75%のK18のみを使用しています。

究極のつけ心地

トレセンテ独自の「内甲丸」

適度な重厚感となめらかなつけ心地が実現し、指に通した瞬間、まるでプラチナが指に吸い付くようなフィット感が生まれます。
どんなに洗練されたデザイン、厳選されたクオリティであっても、
つけ心地が良くなければ毎日つけるのにふさわしいリングとは言えません。
もうずっと以前から薬指にあったかのように自然になじむ…
そんなブライダルリングを、トレセンテは目指し続けています。

  • 一般的な指輪(加工なし)

    quality_photo_321

    指あたりが多く指に対してストレスを与えやすい。取りはずしの際にも大きく摩擦が生じます。

  • 一般的な指輪(加工なし)

    quality_photo_322

    指の接地面20%削減

    指あたりが減り、一般的な指輪(半月型)よりつけ心地が良くなります。
    ※指輪を削っているので耐久性に不安

  • トレセンテの内甲丸

    quality_photo_323

    指の接地面が30~50%削減

    一般的な指輪(半月型)の内側に1.5 ~ 1.8 倍の地金をたっぷり使用した仕立て。扇型よりさらに指あたりが減りしっとりとしたなめらかなつけ心地。
    ※1.5 ~1.8倍厚みがある為、耐久性もあがる

耐久性へのこだわり

トレセンテのリングは日常生活の中で受ける負荷に耐えられるよう、特別な「内甲丸」でお仕立てをしております。

  • 一般的な指輪(加工なし)

    quality_photo_331 quality_photo_332
  • トレセンテの内甲丸

    quality_photo_333

ブランドメッセージ一覧

  • トレセンテの想い
  • トレセンテの歴史
  • 動画
  • アフターサービス
  • 高品質へのこだわり
  • トレセンテのこだわり
指輪をいろいろ検討しすぎて、何がいいのかわからなくなっていませんか? “Jwelry For Happiness”

期間限定!相談・来店予約のお申込みはこちら

初回来店の方には、JCBギフトカード5,000円分プレゼント!